放浪記

LightManの放浪旅行記。東西南北ふらふらと。

イングランドの最南端に行った話

最後の3週間 題の通り最後の3週間である。今まで働いて生き残ることに必死だったが、ラッキーなことに最後の最後に余裕が出来た。泣いても笑っても3週間。先週楽しみつくすと決意した通り、濃い1週間だった。というわけで。 Lightmanの1週間 月曜日 町の北部…

帰国の便を手配した話

残り一か月 “Time Fry”:時が経つのはあっという間である。ついこの前イングランドに来たかと思っていたのに早くもゴールが見えてきた。帰国の便を買ったのである。約一か月後。降り立ったヒースローから飛ぶ。掛け持ちしたり無職になったり、銀行預金がゼロ…

海外でバイクの免許を取った話

連勤の果てに 先週は週4で仕事だった。ついに以前は信用されていなかったからか許されなかったオーダーを、取ることが出来るようになった。当然チップもバンバン貰えるわけで、5時間働いて6.7時間分のお金が得られることは嬉しい。一回のチップの最高金額は…

図書館に通いこんでいる話

復帰先で 前回の更新の翌日、迎えた初?出勤。スターバックスとの両立の果てに一度は決別した職場だったが、スタッフの皆が復帰を喜んでくれるしやっぱり仕事ぶりを評価されるしで嬉しかった。 特に英語が上達したと言われしそれを実感できたのは誇らしかっ…

イカレた友人を見送った話

思い立ったが吉日とは言うけれど 前回の更新で、スタバ時代の同僚と最近つるんでいるという話をした。21歳の人で、見ていていろいろ未熟だなと思う反面なんだかほっとけなくて色々世話をしていた。町を案内したり、仕事を紹介したり。写真はある日の散歩の際…