ファッションショーをした話

足元

 昨日の真面目な話とは打って変わって。今日はバイク用品店に行ったことをさらっと書いていく。

 初めての関東の冬、尚且つ主な移動がバイクなのでつい先日革ジャンと革パンを買いそろえた。が、足元がスニーカーのままなのでダサい。足軽みたいになっていた。だから、靴を見るために用品店に足を運んだのだ。

 想像してみてほしい。袴や振袖にハイヒール、スーツに下駄ってぐらいちぐはぐな格好なのだ。正直この格好で出歩きたくないが、背に腹は代えられないというか寒い中のバイクにはこうせざるを得ないので着替えて出かけた。寮を出るとき、友人からすれ違いざまに「なんだその恰好、ダさ」と言われて早くなる足並み。

 

靴もいろいろ

 バイク用の靴コーナーに行くとその種類に驚かされた。ハイカットブーツ、スニーカータイプ、脛まで覆うものなど本当に多種多様なのだ。一足一足はいて鏡で見ながら似合うもの、かつ歩きやすいものを探した。ファッションショーみたいで面白かった。

 

また今度

 今回は一店舗しか行っておらず、店によっては在庫整理のために安くなっていることもあるみたいなので終末ゆっくり探してみたい。