一日中家にいた話

15時まで家に

 今日は一日中家にいた。僕のアウトドア具合というか家を空けている頻度をご存知の方なら驚きだろう。具合が悪い時か雨の日以外はたいてい家の外にいるから、本当に珍らしい一日だった。特に理由はないが、日曜日の時点で社員寮に戻っていたのが原因として大きかったと思う。

 

行動開始

 いつもより重く感じる玄関のドアを開け、バイクの整備をした。もともとバイクは大学で過ごした九州でもらったもので、去年一年間で10000キロ乗っていた。1999年モデル(バイクでいえばおじいちゃん)のリトルカブ・セル付きで、キャブレターという少々古い構造のエンジンが載っている。これは、今のようにセルを回せばボボンとエンジンがかかるのではなく、チョークというレバーを引いて自分で空気の量を調節しながらエンジンをかけなければならないのだ。特に寒い時期に重宝する部品である。

 しかし昨年はは冬でもサンダルで過ごせるぐらい暖かい場所にいたので、チョークワイヤーが壊れた際に外しっぱなしにしていたのだが、関東は寒い。想像を絶するほど寒いので装着することにしたのだ。元の状態を知っているのと、バイク屋さんにアドバイスをもらったのを参考にしながら作業すること10分。案外楽勝に出来た。誰か「カブ チョーク つけ方」とかで検索したときのために手順を書いておく。

 

1.レッグシールドをはずす

2.チョークケーブルの先端に紐を結ぶ

3.チョークケーブルをメーターカウル下から通す

4.チョークケーブルが通る左側の穴から、先端に結んでいた紐を引っ張る

 

以上。超簡単である。が、今度からはもっと楽になるように、外す際にビニール紐でもダミーで通しておくといいかもしれない。

 

余談

 最初は知人にのみ発信するという名目で始めたblogだったが、気が付けば始めてからアクセスしてくださった方が100人を超えてなんだかうれしいlightmanです。超絶でべそキャラ(超絶アウトドアマン)というスタンスは変わらないけど、読んでくださっている方のためにある程度私のバックグラウンドとかを話した方がもっと身近に感じてもらえて面白いのかなとか思ったりしている。

 今更ではありますが、こんな拙い文章を読んでくださりありがとうございます。